FC2ブログ

■紅白2017 どくしょかんそうぶん

和風面子だけでばとるプレイ中。
0人斬りプレイできそうな気がしたが
そんなことはなかったぜ。



◆No.04 ドラゴンナイトの冒険

シューティングゲーム。

普通に良く出来た昔ながらの
横スクロールシューティングゲームです。
ボリューム多め弾幕濃いめ。

横スクロールと言いつつ
横向きながら縦スクロールさせられる
R-TYPEじみたステージなんかもあります。
変化に富んだステージで
飽きずに楽しめるでしょう。

クリアするだけならそこまで難しくない…
ですが下一列は鬼畜の所業。
特にキーボードでは後ろ斜め移動が入力できないので地獄でした!
パッドでのプレイ推奨ですね。




◆No.07 カマソッソの謎

長編見るゲ。

続き物ですが
前作をプレイしてると「えぇ…」ってなると思うので
やるならこっちを先にしたほうが良いかもしれません。

良い点は戦闘がとてもかっこいい。
この作者の方はキャラクターの動作に凝ってる印象でしたが
戦闘アニメも上手く融合してきてます。

話的には理解できるようで
よくよく考えるとやっぱり何言ってんだこいつ、
みたいなな部分もありますが、
カッコよければだいたい納得できるんですよはい。




◆No.11 去り行く運命

どシリアス見るゲ。

これもカッコよければだいたい納得できるゲー。
同作者の前作でも言いましたね。

中身は演出がヒラコーで軸はシグルイみたいな。
救いのない悲劇です。




◆No.14 夜霧断つシューティングスター

デフォ戦ゲー。

とてもオーソドックスでもしも系デフォ戦。

大きなマス目移動式のダンジョンなど
基本システムはよく作られているのですが、
とにかくエンカウント率の高さがきついです。

ザコ敵で体力を削るようなバランスでもなく、
レベル上げが済んだら
ひたすら逃げるだけになっちゃうので、
こうもエンカウントさせる意味はなかったでしょう。

ちょっともったいないゲームでした。




◆No.17 帰らぬ少女のバラッド

自作戦闘ゲー。

女神転生的な雰囲気がありますが
その辺はほぼ雰囲気だけのお気楽な話です。
(ただし皆殺しルートを除く)

テンポよく気持ちいい戦闘でした。
難易度インフェルノで遊びましたが
サクサク進んでサクサク死ねる、
そんなゲームでした。
こういうバランスは大好物です。
難易度下げればライトなユーザーでも
楽しめるでしょう。

ブラッドちゃんで血のアンダルシア連発して
クリアしましたが、
血のアンダルシアの威力が
他の威力:大の技と比べても高かったような?

あとあの顔グラは俺に効く
黒歴史が開かれてしまう…!




◆No.24 エンド オブ ザ ナイト ~Breaking dawn~

中編デフォ戦ゲー。

もしも系のオーソドックスなデフォ戦。
システム系は作り込まれていて見栄えが良いです。
ダンジョンも綺麗にできてますね。
塔ダンジョンの光の表現がステキでした。

ストーリーがシリアスな割にあっさり進みすぎて
ちょっと重みが足りない用に感じてしまいましたね。
作者の方のやりたいストーリーの割に
ゲーム全体が短すぎたのかも。



◆No.27 暗黒魔導士

落ち物パズル。

全体のプレイ時間はそこそこ長くなりそうですが
1プレイあたりが短時間なので
非常にテンポよく感じます。

少しずつインフレしていって
最終的に膨大な得点が出るようになるので
爽快感が高いです。

ただゲーム性としては白ブロックが
全く出なくなるのはどうかな?
というのはありましたね。

一応終盤に再び白ブロック出てきますが
白ブロックがある状態で行動しても
蚊が刺したほどの効果しかないですし。




◆No.28 しろくろヤミライチ!

MV五目並べ。

シンプルなルールですが
ちょっとひねりが効いてて新鮮に楽しめます。

ストーリーもなかなか笑わせてきます。

欲を言えばこのくらいは2000でも出来そうなので
MVならではの何かが欲しかったかも。




◆No.32 お使いのツクールは正常です

これはひどいwwwwwwwww
連携wwwww




◆No.33 narrogue

ローグとか不思議ダンジョン風…
ですが触れただけでふっとぶ式になるだけで
こうもパズルになるとは。

簡単そうに見えて結構歯ごたえもあるゲームです。
開幕から死が見えるパターンもよくありますが
それもまたローグ系。
とはいえ途中セーブは頻繁に出るので
難易度はさほど高くないでしょう。
(おまけダンジョンを除く)

ちっちゃいキャラもKAWAII。




◆No.43 きばりと奇跡のカレー

バカゲー。

クソゲーではなくバカゲー。
そこの区別は人によると思いますがそれはさておき。
意味不明な馬鹿な世界ですが
一応ちゃんとストーリーはあるゲームです。
笑いあり涙あり…いややっぱり涙はそんなにない。

パズル要素もあり、
そしてそれが結構厄介だったりもします。

十分面白いゲームですが
前作と比べると爆発力は減ってたかもしれません。




◆No.46 ライチがピアノ弾くだけ

見るゲ。

非常に短い時間の中に
ストーリーがしっかり詰まってて
非常に非常に非常に良いゲームです。
非の打ち所が見当たりません。

過去のオマージュ元の作品を
上手くつなぎ合わせていますね。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -