FC2ブログ
■ゲームレビュー

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■GW2018 感想

恒例の夏休みのどくしょかんそうぶん


◆No.05 銀河海賊伝説

ksg。

レベルの高いksg。
かなり笑かしてもらいました。
なんの脈絡もなくksgしてる人々がなんだかんだで最後集結するの好きです。



◆No.08 もしもリリアが志半ばで斃れたら

自作戦闘ゲー。

オーソドックスなRPGしてるRPGです。
ゲームらしいゲームがやりたい方にお勧め。

ただ戦闘は少々単調で
レベルを上げて物理で殴るゲームになってます。
敵の行動パターンとかにもう一捻り欲しいところ。



◆No.09 ベルゼブブ・フィーバー

nnkr。

割と長編のクソゲーでした。
かなり本気で意味がわからない系。
でも演出だけはかなり本気出してます。



◆No.10 ブライアン

ブライアン

ksgの皮を被ったふつうのデフォ戦ゲー。
宝箱がなかなか巧妙に隠してあって
それを探すのも楽しかったです。

序盤かなり苦労しますが
後半仲間が増えるとぬるくなりますね。
序盤の敵はもうちょっと弱くてよかったかも。



◆No.12 お嬢様探偵スパークⅡ

見るゲ。

面白かったのにどうしてそこで諦めるんだ!



◆No.23 戦えアレックス

デフォ戦やるゲ。

面白かったのにどうしてそこで(ry
クライマックス近くに見えたので本当に残念。
現状でできている部分だけでも結構楽しめるので
エターナってはいてもプレイする価値はあると思います。



◆No.27 DefoWarriors

デフォ戦。

ひたすら戦闘するデフォ戦を楽しむためのデフォ戦ゲー。
戦闘バランスがよくできていてギリギリの戦いを楽しめました。

ダンジョンは 進む・戻る だけのシンプルなもの。
ただレベル上げの際はダンジョンの入口近くをフラフラするだけで、
ボスまで行くときは逃げ回るだけ、
そしてシンプルなだけに風景も仕掛けもないので
ダンジョンの存在価値が危ういですね。

ダンジョンに入るときや「戻る」を選ぶときに
ワンタッチで選択できないのも
テンポの良さを損なってしまっていました。

以上のように微妙にかゆいところに手が届かない感じでした。
もう一押しすればかなりの良ゲーになるはず。
スポンサーサイト

■紅白2017 どくしょかんそうぶん

和風面子だけでばとるプレイ中。
0人斬りプレイできそうな気がしたが
そんなことはなかったぜ。



◆No.04 ドラゴンナイトの冒険

シューティングゲーム。

普通に良く出来た昔ながらの
横スクロールシューティングゲームです。
ボリューム多め弾幕濃いめ。

横スクロールと言いつつ
横向きながら縦スクロールさせられる
R-TYPEじみたステージなんかもあります。
変化に富んだステージで
飽きずに楽しめるでしょう。

クリアするだけならそこまで難しくない…
ですが下一列は鬼畜の所業。
特にキーボードでは後ろ斜め移動が入力できないので地獄でした!
パッドでのプレイ推奨ですね。




◆No.07 カマソッソの謎

長編見るゲ。

続き物ですが
前作をプレイしてると「えぇ…」ってなると思うので
やるならこっちを先にしたほうが良いかもしれません。

良い点は戦闘がとてもかっこいい。
この作者の方はキャラクターの動作に凝ってる印象でしたが
戦闘アニメも上手く融合してきてます。

話的には理解できるようで
よくよく考えるとやっぱり何言ってんだこいつ、
みたいなな部分もありますが、
カッコよければだいたい納得できるんですよはい。




◆No.11 去り行く運命

どシリアス見るゲ。

これもカッコよければだいたい納得できるゲー。
同作者の前作でも言いましたね。

中身は演出がヒラコーで軸はシグルイみたいな。
救いのない悲劇です。




◆No.14 夜霧断つシューティングスター

デフォ戦ゲー。

とてもオーソドックスでもしも系デフォ戦。

大きなマス目移動式のダンジョンなど
基本システムはよく作られているのですが、
とにかくエンカウント率の高さがきついです。

ザコ敵で体力を削るようなバランスでもなく、
レベル上げが済んだら
ひたすら逃げるだけになっちゃうので、
こうもエンカウントさせる意味はなかったでしょう。

ちょっともったいないゲームでした。




◆No.17 帰らぬ少女のバラッド

自作戦闘ゲー。

女神転生的な雰囲気がありますが
その辺はほぼ雰囲気だけのお気楽な話です。
(ただし皆殺しルートを除く)

テンポよく気持ちいい戦闘でした。
難易度インフェルノで遊びましたが
サクサク進んでサクサク死ねる、
そんなゲームでした。
こういうバランスは大好物です。
難易度下げればライトなユーザーでも
楽しめるでしょう。

ブラッドちゃんで血のアンダルシア連発して
クリアしましたが、
血のアンダルシアの威力が
他の威力:大の技と比べても高かったような?

あとあの顔グラは俺に効く
黒歴史が開かれてしまう…!




◆No.24 エンド オブ ザ ナイト ~Breaking dawn~

中編デフォ戦ゲー。

もしも系のオーソドックスなデフォ戦。
システム系は作り込まれていて見栄えが良いです。
ダンジョンも綺麗にできてますね。
塔ダンジョンの光の表現がステキでした。

ストーリーがシリアスな割にあっさり進みすぎて
ちょっと重みが足りない用に感じてしまいましたね。
作者の方のやりたいストーリーの割に
ゲーム全体が短すぎたのかも。



◆No.27 暗黒魔導士

落ち物パズル。

全体のプレイ時間はそこそこ長くなりそうですが
1プレイあたりが短時間なので
非常にテンポよく感じます。

少しずつインフレしていって
最終的に膨大な得点が出るようになるので
爽快感が高いです。

ただゲーム性としては白ブロックが
全く出なくなるのはどうかな?
というのはありましたね。

一応終盤に再び白ブロック出てきますが
白ブロックがある状態で行動しても
蚊が刺したほどの効果しかないですし。




◆No.28 しろくろヤミライチ!

MV五目並べ。

シンプルなルールですが
ちょっとひねりが効いてて新鮮に楽しめます。

ストーリーもなかなか笑わせてきます。

欲を言えばこのくらいは2000でも出来そうなので
MVならではの何かが欲しかったかも。




◆No.32 お使いのツクールは正常です

これはひどいwwwwwwwww
連携wwwww




◆No.33 narrogue

ローグとか不思議ダンジョン風…
ですが触れただけでふっとぶ式になるだけで
こうもパズルになるとは。

簡単そうに見えて結構歯ごたえもあるゲームです。
開幕から死が見えるパターンもよくありますが
それもまたローグ系。
とはいえ途中セーブは頻繁に出るので
難易度はさほど高くないでしょう。
(おまけダンジョンを除く)

ちっちゃいキャラもKAWAII。




◆No.43 きばりと奇跡のカレー

バカゲー。

クソゲーではなくバカゲー。
そこの区別は人によると思いますがそれはさておき。
意味不明な馬鹿な世界ですが
一応ちゃんとストーリーはあるゲームです。
笑いあり涙あり…いややっぱり涙はそんなにない。

パズル要素もあり、
そしてそれが結構厄介だったりもします。

十分面白いゲームですが
前作と比べると爆発力は減ってたかもしれません。




◆No.46 ライチがピアノ弾くだけ

見るゲ。

非常に短い時間の中に
ストーリーがしっかり詰まってて
非常に非常に非常に良いゲームです。
非の打ち所が見当たりません。

過去のオマージュ元の作品を
上手くつなぎ合わせていますね。

■夏の陣2017 どくしょかんそうぶん②

◆No.28 エコぽて経済倫理学

見るゲ。

よくわからないけどすごくあたまがいいとおもった。(小学生の読書感想文)

むしろ知ってるところでも
微妙におかしくなっててわけがわからなくなったりします

本当にやりたいことを好きにやってる感じがして
変なエネルギーに満ちていていいですね



◆No.33 好きな曲を好きに使ってデフォ戦

タイトル通り。

本当にデフォ戦するだけのゲームです
割りと戦闘の内容も凝っていて
軽くパズル的な感じになっています

強い敵ほど運ゲーになりがちなのが玉にキズでしょうか
乱数がデレるまでリセットするゲームになったのが何回かありましたね



◆No.36 →→→

ミニゲーム。

とてもかんたんなミニゲームで
ごく短時間で遊べます
といっても難易度やさしめで終わりが無いので
やろうと思えばいつまでも続いちゃいます

欲を言えば少しずつ難易度が上がっていけば
もっとやりごたえがあると思います…が
ツクールのデフォの移動だと「少しずつ」ってできないんですよね
そこまでやると全部ピクチャーで作らなきゃいけないから困る

■GW2017 感想1

◆No.01 NUDNOANIOGEE

糞ゲーその1。

糞についてなんか普通にまじめな話もあったりします。




◆No.02 HDS様たちと学ぶシャドバ講座

糞ゲーその2。
とはいえ基本的にはタイトルどおりシャドバの話をしています




◆No.03 スピリットブレスオブザワイルド

サバイバルゲーム。

資材を集めてアイテムを作ってがんばるゲームです。
比較的簡単ですが油断してると死ぬ緊張感もあるいい難易度でした。
なかなか地道な作業が要求されますが
プレイ時間としてはさほど長くはありません。

最初から最後までよく使うのに
落ちてるのを拾うしかないアイテムがいくつかあるので
その辺を量産する手段が手に入るとよかったかと思います。




◆No.12 夜霧

短編見るゲ。

不思議でやさしい雰囲気の話です。
最後まで真相は明かされませんでしたが
あえて回答を出さず想像の余地を残していることで
求心力がアップしてる気もします。



◆No.22 Dungeon of Mebius 2

長編VXACEデフォ戦ゲー。

敵を倒してアイテムを収集して
圧倒的パワーを手に入れて更に敵をなぎ倒していく、そんなゲームです。
装備枠が多い&アイテムの種類が非常に多いということで
コレクター心を刺激するつくりになっています。

アイテムが集まるとボス敵も一瞬で沈むインフレっぷりになりますが
秒殺できるぐらいでないとレアアイテムを集めてもいられないので
バランスがぶっ壊れていながらとても楽しめるゲームです。

唯一気になった点として、前作と比べて
今回は探索要素はほぼなしだったのがちょっと残念でしたね。
とはいえ今作単体で見てマイナス要素があるわけではないので
間違いなくお勧めできるゲームです。

■紅白2016 かんそうぶん その2

◆No.27もしも配役がランダムだったら+

タイトルの通りのもしも。

配役だけでなくいろいろマップやセリフもランダムになっています。
パターンは非常に多いです。
流れはいつものそれですが、時々妙にハマり役な人が居たりして楽しいです。

私のプレイでは玉座に踏み台が鎮座していて実にシュールでした。



◆No.35 ぬりばー■□

デフォ戦。

全体的にカワイイ雰囲気のゲーム。非常にテンポよくサクサク進みます。
ほぼ一般的なデフォ戦ですが、戦闘には余り時間が取られないのと
そこらじゅうに小ネタが散りばめられていたので最後まで飽きずに遊べました。

ダンジョン内にアナウンスが流れていたりして面白かったのですが
そういえば魔王城の迷宮でも流れていて放送室まで踏み込めたりしたかな…。



◆No.44 デスセイバー

まごうことなきクソゲー。

この作者のいつもの一発ネタかと思ったらいつも以上に酷かったwwwwww



◆No.48 初投稿です。

ksg。

(祭りでは)初投稿 or (ツクールでは)初投稿な感触。
演出がなかなか凝ってて見栄えは良いのですが
作者のやりたいことだけやりすぎてて見てる方に伝わりづらそうなところも。



◆No.66 ほのぼの短編集☆

またまたksg。

なんかもう勢いだけで笑わせられてしまうゲーム。
実写画面の使い方が上手いです。
いったい川越市に何があるんだwwww

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。